いつやるべき? ダニ対策のおすすめのタイミング

ダニ対策をしなくちゃ、とは思うけど、いつすればいいのか分からない…。忙しくて時間を取れていないあなたに、ダニ対策を始めるのにおすすめのタイミングを紹介します。

ダニが爆発的に繁殖するのは梅雨の時期。それより前に対策すべし

梅雨から夏にかけては、ダニの繁殖に適した条件がそろい、あっという間に大繁殖する時期。増えてしまう前に、しっかり対策を。「ダニアース 防ダニスプレー」を気になる場所に吹きかけ、ダニを駆除しましょう。


ダニが増えるのは梅雨の時期

ダニが増えるのは、気温20~30℃かつ湿度60~80%の環境。つまり、梅雨の頃から夏にかけてはダニが急激に繁殖する時期です。ダニの繁殖に適した条件が整うと、1組のつがいが4ヵ月でなんと約450万匹にも増えてしまいます。

全てのダニに当てはまる条件ではありません。


タイミングは、ダニが増える前!

ダニ対策は、ダニが増える前に駆除と予防をする方が効果的。梅雨の前に、早めの対策を心がけましょう。繁殖前の4、5月にダニ対策することで、梅雨や夏にかけて増えがちなダニを少なく抑えられるのです。


スプレーで簡単に駆除しましょう

ダニが多く生息している布団や枕、ソファなどには、「ダニアース 防ダニスプレー」で対策を。スプレーをまんべんなく吹きかけ、乾いた後はダニの死骸をしっかり掃除機で吸い取ります。手軽に、さっと済ませてしまいましょう。

ダニアース 防ダニスプレー

子どものためにも、ダニ対策が大切!

子どもを喘息やアレルギーから遠ざけるために、ダニ駆除は欠かせません。


ヒョウヒダニは小児ぜんそくの原因にも

家の中にいるダニで、もっとも多いのがヒョウヒダニ。その死骸やフンを放置してしまうと、小児喘息を発症するリスクが高まります。小さな子どもがいる家庭では、しっかり対策をしたいもの。


日頃からダニ対策を!

家事や育児で忙しい毎日。普段からできるだけダニを減らしておくのが得策です。「ダニアース 防ダニスプレー」なら、気になる場所にシュッと吹きかけるだけで簡単に対策できて、繁殖予防効果も通常約1ヵ月続きます。

ダニアース 防ダニスプレー


ぬいぐるみにもダニ対策を

子どものよだれや皮脂が付いているぬいぐるみも、ダニが繁殖する格好の場所。水で洗うだけでは、ダニ対策としては足りません。「ダニアース 防ダニスプレー」でダニを駆除してから、死骸やフンを洗い流せばより効果的です。

ダニアース 防ダニスプレー

旅行前が最適! サッとできちゃうダニ対策

旅行などで自宅を何日も空けるとき、閉め切った部屋でダニが増えていく可能性が。出かける前に、「ダニアース 防ダニスプレー」でダニを駆除しておきましょう。駆除だけでなく予防効果もあり、ダニの繁殖を防ぎます。


楽しい旅行! でもその間、閉め切った部屋は…

こまめに換気や掃除をしている人でも、旅行中は窓や換気扇を閉め切ったまま…。暖かい季節なら、ダニの繁殖に最適な環境になってしまう可能性もあります。ダニは温度20~30℃、湿度60~80%が繁殖に適していて*、どんどん増えていくのです。

全てのダニに当てはまる条件ではありません。


旅行前に、気になる場所のダニを駆除!

旅行中にダニを増えさせないよう、出発前にダニを駆除しておきましょう。ダニの温床となりがちなのは、エサとなる人のフケやアカ、汗などが付いている布団や枕、畳、カーペット、ソファ、ぬいぐるみなど。また、フローリングでも安心はできません。ホコリが溜まる継ぎ目や、カーペットとの隙間にはダニが潜んでいます。


旅支度の忙しいときだから、簡単にダニ対策

準備で忙しい旅行前は、簡単で手間いらずの駆除方法がおすすめ。気になる場所に「ダニアース 防ダニスプレー」を吹きかけ、乾いてから掃除機をかけてダニの死骸を吸い取りましょう。通常約1ヵ月の繁殖予防効果もあるので、旅行前にはダニ対策も忘れずに!

ダニアース 防ダニスプレー

その他の手軽にできるダニ対策

これだけでOK! かんたんダニ対策テクニック

ダニ対策って何をしたらいいの? 平日は忙しいし、そんなに時間は取れない...。そんなあなたの疑問にお応えする、これだけやれば大丈夫! という、かんたんダニ対策テクニックを紹介します。

実は間違っている!? ダニ対策のウソホント

掃除機をかけていればダニ対策はバッチリ! 寝具も水洗いしているから大丈夫! …そんな今までのダニ対策、実は間違っているかもしれません。ここではダニ対策に関する正しい知識を紹介します。